天人鳥のいる暮らし/(旧) 真・視力回復法

アクセスカウンタ

(本館)スマホ版

<スポンサードリンク>

「新・視力回復法(近視回復・近視改善)」系の記事はFC2HPメインに切り替えました。移行し切れてないけど(^^;)
視力記事のせいか?天人鳥記事も検索落ちが酷くなってる気がしてるのが理由です。
新・視力回復理論|コア・メソッド〜軸性近視からの回復法|視力回復の研究部屋 by やすみん001(二重まぶたになる方法もここ)

zoom RSS 車の中だと、歌がうまく歌えない理由 + 言葉がもつれるコトの解消

<<   作成日時 : 2014/11/25 06:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

rock balancing

(Photo by strollerdos)



気付いたこと


多分・・・


前に記事書いた「声帯をアンバランスに使ってたのを矯正」する・・・

ってコトを意識をし始めてからなんだと思うけど、


車の中だとうまく歌えなくなってる・・・

コトに気付いた。




根っこの原因は姿勢

明らかに姿勢のせいかな。


座席のポジションの関係上、どうしても、ハンドル握ると、

背中、首周りが前かがみになる。


シフトレバーから手を離して、

片手でハンドル摘む態勢だと、意識すれば

背筋若干延ばせるけど、立位の姿勢の時とはほど遠い。


それだとちょっと歌えるようになるけど足りない。


普段のドアに肘ついて片手運転ってのは、

冷静に考えると、姿勢悪いですよね(^^;)



あれぇ?と思って、前みたいに


喉の右側だけを使う(感覚的には当てる?)感じにするともっと声が出る。


なるほどね〜、昔から無意識に「歪み」とうまく共存してきたってコトね?
賢い版のひなちゃんだよね?、突然どうしたの? つい、ぼくも出て来ちゃったよ?
わたし達の記事の頻度が落ちてるから顔出しよ!
あ〜



車で練習⇒自分の場合は良くない

車で新しい歌を覚えるとか、車で新しい歌い方を試すとかって言うのは、

自分にはもう合わないんだって良く分かりましたね。

まぁ、自分は通勤で車乗らないから、そんなケースはまず無いけど。



思い返すと、

声帯のアンバランス意識するようになってから?は、

寝起き直後でも、歌おうと思えば、結構すっと声が出るし、

かなり以前に書いた「息の通り道が朝起きてどうなってるか」で音感がずれる?

とか、

脳ミソとの音感ズレが原因で、ろれつが回らなくなる?

ってな感じのコトは、ほとんど無くなったように思う。


なんか、凄い話だよね?
前の記事がどれほど見られてるかにもよるけど、現状を追記した方が良いんじゃない? もし、似たような症状で悩んでる方いらっしゃるなら、ちょっとは役に立てるかもよ?

あの頃の推測は「めちゃくちゃ外れてる」ワケでもないけど、

「当たっては居なかった」・・・ってコトになるからね〜


アトで直すようにはするよ。

つぶやき気味にも書いてたりしたと思うから、修正漏れしそうだけど(^^;)

とりあえず、ありがと、ひなちゃん。




今思う本当の原因

結局、こんな↓感じだったとすると、過去に色々書いた症状が全て説明つきます。



昔からの癖

・昔から、声を主に喉の右側で作る(無意識の)クセがあった。

 もしかしたら、アレルギー性鼻炎とかのせいかも知れない(小さい頃は酷かったし)

 まぁ、今もそんなに良くは無いけど・・・



脳ミソは、アンバランスな感覚が正しいと信じて筋肉に指示

・脳ミソは、右に偏った声の出し方(筋肉への命令)を正しいと(間違って)記憶している。

・脳ミソは、その間違った感覚で声帯周りの筋肉に指示を出す。



寝たらリセット

・寝ている間に、声帯周りの筋肉は正中でバランスされる。

 ⇒つまり、声帯周りの筋肉は脳ミソが期待する状態じゃなくなっている。



ろれつが回らない理由

・朝方は、喉周りの筋肉バランスが、脳ミソの求める(アンバランスな)状態になってない。

 ⇒第一声のキーや声質が耳からフィードバックされると、期待とズレて違和感を感じる。

 ⇒うまく声をコントロール出来ない状態だけど、そのまま話さざるを得ない。

 ⇒脳ミソが頑張るけど、声帯周りのコントロールがやっぱりうまく行かない。

 ⇒違和感の限界突破で、言葉につまる、ろれつが回らなくなるなどスタック(^^)



一日の声の調子を分けるもの

その日の声の使い具合とフィードバック、その補正具合で、

・脳ミソ期待の声帯周り状態になれた日⇒今日は声の調子が良い(ろれつも回る)

・脳ミソ期待の声帯周り状態になれない日⇒今日は、終日声の調子が悪い(ろれつが回らない)

となる・・・

つまり、全く安定しないけど、頻度的には、ダメな日が多かった。


あ、ろれつが回らない・・・と言っても、噛む頻度が高いって意味です(念のため)




今は快適


今は、寝起きの正中している声帯周りの状態をデフォルトに認識出来ているので、

すぐに声が出るし、キーずれも発生しないので、以前のような言葉のモツレとかは、

基本的に起こらないです。

(緊張した時とか、頭の回転が追いつかない時は当然別枠(^^;))




〜おわり by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + (仮)新・視力回復法 (Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)〜



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
もう少し自分の声を分析してみた〜おんかいくんとWaveIlluminator〜(追記2014)
(追記)2014/11/28  過去記事のケアに来たよ! 結論から言うと今はこんな変な感覚には悩まされなくなったのよね? そう!色々模索して来たけど、きっと声帯周りを半分というか偏って使っていたのが原因なんだと思う。 この記事見てね! ⇒ 歌う時の筋肉の使い方が偏ってるコトに鏡を見て気付いた〜ちょっとびびった〜 (UP: 2014/08/11) 同じコトになって悩んでる方いるかもしれないわよね? そして、もうちょっと「原因」とかを整理した記事がこれ ⇒ 車の中だと、歌がうまく歌えな... ...続きを見る
天人鳥のいる暮らし
2014/11/28 18:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
車の中だと、歌がうまく歌えない理由 + 言葉がもつれるコトの解消 天人鳥のいる暮らし/(旧) 真・視力回復法/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる