福島地震とウエザーニューズ、そして宮城のデータセンター


地震速報、初めて携帯で受信しました。

震源は福島、へぇ~、こんな感じで鳴るんだ。


マナーモードも無視して、ちょっとかっこいい音が鳴り響きます。

最初は何事かと思いました(^^;) けど、ちょっと感動。


で、地震情報を確認してみようかと、ウエザーニューズの地震情報を見ると、

おや? ① ① ① ①

震度1しか表示されていません(↓こんな感じ)

0000


あれ? 誤報???

いや、そんな訳ないなぁ・・・


画面を良く見ると、右側にリストが。


あ!


そうでした。

地震には余震がつきものです。


リストを辿っていくと、最大震度4のリスト項目がありました。


クリックすると・・・ うん、仙台も入っています、納得!

0001


 

そういえば、宮城にデータセンターを誘致する検討会が

発足し、初会合を行ったとニュースでみました。


宮城沖地震が予測されている中、

地震に弱いサーバー機器をたんまり抱え込むデータセンターの誘致プロジェクト、

どうなんでしょう?実りがあるのかなぁ・・・


気になったので、もう少し調べてみますか。



再有力候補地は石巻市だそう。

国の「電源立地交付金」の一部を事業者に補助できるというのが理由みたい。

これが何に効くかというと、データセンター運営の為の電気代。

データセンター運用では、これが大半を占めるからということらしいです。

地震の心配は無視でしょうか?

早ければ2012年春のセンター稼働を視野に誘致活動に全力を挙げるとのこと。


何か色々調べていくと、


世界的なクラウドコンピューティングのはやりの中、

巨大データセンター建設や相互接続とかのラッシュになっていて、

各国、建設や誘致にやっきになっているみたいです。

(どうやらうまくやると、経済効果が大きいみたいです)

そして、日本は出遅れている、と。


オリジナルの日経記事全文が読めないんだけど、こんなことが書いてた。

(日経新聞からの引用)

総務省はネットワーク経由でソフトや情報サービスを利用する「クラウドコンピューティング」の普及に向け、2011年春にも北海道か東北に特区を創設する。国内最大級のデータセンターの構築を目指し、建築基準法や消防法の適用除外などで設置コストを軽減する。

これ↑に、宮城県が手を挙げたんですね。


気になるのは、「建築基準法や消防法の適用除外」

いや、宮城県の場合、特に耐震にお金かけなきゃだめなんじゃ?


自分が企業オーナーとかだったら、わざわざ地震来る危険がある所に頼まないよなぁ・・・


どうなんだろう?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

今日も大きな地震ありましたね~
Excerpt: 会社も結構揺れました。 なが~く揺れた感じでした。 家内は、風邪で寝込んでいたので、地震で目が覚めたそうです。 その時、くうちゃんと、ひなちゃんは、バタバタと、びっくりして?飛び回っていたそうです..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2011-03-09 22:08