コインパーキングの不思議な100円玉~その後~

以前、不思議な100円玉の記事

コインパーキングの不思議な100円玉 + DSC-HX100V(with ジャンクレンズ)超マクロ

書きましたが、その後、また利用する機会があったので撮影して来ました。


↓カードを入れる場所はこの右下の部分。

通常はカバーがかかっていて、挿入口は見えません。

精算開始すると、カバーがオープンされ、終わるとカバーがクローズされます。

どう見てもお金を入れる場所に勘違いするとは思えない、しっかりしたデザインと思います。


・・・と、書いていて気付いたんですが、

以前はこんな綺麗な表示じゃなかったですね。


いつから変わったんだろう・・・


思い出してみると、ポイントカードとクレジットカードの挿入、

どっちにどう入れれば良いのか一瞬迷うような手作り感のある表示だった気がします。

カード挿入口が2箇所あって迷った気がするんだけど・・・


↓よく見てみると、もう一つの挿入口がシールで隠されているっぽい陰影が見て取れます。

やっぱり当時は挿入口が2つあった記憶は正しそうです。


前回、100円出てきた時はどうだったっけ?

ちょっと自信ないですけど迷わなかった気がするので、既にこの状態だったと思います。

まあ、どちらにしてもコイン挿入口に間違う感じでは無かったと思うけどなぁ・・・


↓拡大してみました。

ぱっと見でも、間違う感じはしませんが、

普段慣れている精算機が、この位置にコインを入れるものだったりすると、

そういう事もあるのかな。


そして、コインの誤挿入で壊れた事故があったからこそ、案内表記が改善されたりしたのかな?

だとすると、

その後もコインの誤挿入は続いている訳で・・・(xx)


それにしても、よく壊れなかったものです(^^;)

コインの誤挿入でも壊れない仕組みになっているのかも知れませんが、

誤挿入した方にでなく、次に使った人に100円が返ってきた(^^;)事を考えると

たまたまだったのかな?


考えうるパターンを想定してシステムで防ぐか、あるいは運用注意で補うか・・・

理想はシステムであらゆる事を防ぐ・・・なんでしょうけど、

コストの問題がありますからね~

このバランスはいつでも悩ましいですよね。


~おわり~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック