野草園(2013/11/24)~園内の景色(4)~沢・深山植物区から彫刻広場と一番高いユリノキ~

沢・深山植物区、この辺りはその性質上?鬱蒼としてじめっとした雰囲気となっています。


水琴窟の説明。

suikinkutsu


手前の竹格子の下に水琴窟が仕込まれています。


suikin1

ここにひしゃくで水を垂らすと、音が鳴る仕組みです。


suikin2

澄んだ音を聴くにはちょっとコツがいるようです。

長く音を聴こうと思って、欲張ってひしゃく一杯の水をじゃぁ~っとかけると、

ただ水が流れた汚い音が聴こえるだけでした (^^;)


水滴が美しい音を奏でるように、そぉ~っと、色んな位置に垂らしてみましょう。



今は、高山植物区方面から入ったので、下っていきます。

この先に、シダ植物ゾーンがあって、その先にミズバショウの沢があります。


kudari


途中の構図がいい感じの写真、どれもボケきつすぎて使えない。

光量少ないのに、撮影後の写真確認しないでチャッチャカ進んでるからですね (^^;)


大きな感じのシダはそうでもないけど、葉が細かくて繊細なシダは見ていて飽きないので結構好きです。

残り時間少ないのと、途中は暗かったのとでちゃんと見なかったけど、きっと好みのシダがあったはず。

sida1 sida2


すぐ隣に、


kanban1

仏焔童女。


zou1


そして、開けた所に戻ってきても、15:40ともなると日当たりが悪く暗い。

m_DSC07070



ここからは、少し時間を戻して、行きで通った時に撮影した明るい方の写真を採用しましょう。


下の看板には、「ミズバショウの沢、水琴窟」と書かれています。

左側から降りてきたことになります。

m_DSC06806


ミズバショウの沢は、今は落ち葉でギッシリ。

手前はMAPによると「ひょうたん池」らしい。

m_DSC06808


ちょっと右に移動した辺りに区画の看板。

m_DSC06809



「さあ、コブシの木の下で歌ってみませんか」 という後書きの前に、

「白樺 青空 南風・・・」で始まる詞が書かれています。


タイトル 「こぶし」。

m_DSC06810

このタイトルのおかげ (^^;) で最初ピンと来なかったけど、 これ演歌の 「北国の春」 の歌詞だよね?

もしかして、元ネタの詩篇があって、それが 「こぶし」 というタイトルだったのかと思って調べちゃったよ・・・ (^^;)

まだ自分は分かる世代だからいいけど、この書き方はチョット頂けないかなぁ。



ここからリアル写真に戻します。


このまま進むと、「彫刻広場」。

正面に見えるのはトイレ。




正面、「彫刻広場」、右側に「海辺の植物区」。

行きの時は別ルートで奥の方からこの彫刻広場を覗いた。


海辺の植物もここで育つんだぁと思いながら、暗かったのと時期が悪かったので撮影スルー。

「ハマナスやハマギクなど海岸植物を植栽したエリアです。トベラの咲く季節にはアオスジアゲハもやってきます」だそう。


この広場も時間が無いので中の方までは踏み込まなかった。

m_DSC07076


行きにズーム撮影した彫刻 「風の音」。

もしかして、風が強い日はいい感じの音が鳴るのかな?


彫刻広場にあるユリノキ、野草園で一番高い木だそう。

いつものWikipedia先生が知りたいところを教えてくれなかったので、樹木図鑑(ユリノキ)を見てみた。

百合の木

モクレン科ユリノキ属 (落葉高木)

花の形は、ユリと言うよりはチューリップ

当時は、英名の元のチューリップも、日本では珍しかったため、「ユリ」になった。

学名はチューリップのようなユリの意。

原産地では樹高が60mにもなるものがあるそう。

葉は半纏みたいな形で面白い。


撮影時は高いなぁ~と思って撮影しただけ。

知ってればもう少しちゃんと撮ったんだけど (^^;)

m_DSC07080


時間が無いので、ここらで野草館方面に戻ります。

さっきのトイレ正面。

そういえば園内のトイレ入ってみるの忘れたなぁ。

m_DSC07081


「つる植物」を右に流し、野草館方面に戻ります。

m_DSC07085


ここを降りると「あやめ区」だったけど、歩き漏れ。

もしかしてちょっと面白い感じの道だったか?

m_DSC07087


鮮やか。

コハウチワカエデかイロハモミジかのどっちかっぽい。


ちょっと振り向いて。

さっき行かなかった「あやめ区」の看板が見えます。


~つづく~


関連記事:

野草園に行ってきました~こんな素晴らしい場所だったとは・・・~

野草園(2013/11/24)~電波塔と野草館内と野草園入口付近~

野草園(2013/11/24)~園内の景色(1)~高山植物、針葉樹、のばら、水生植物区~

野草園(2013/11/24)~園内の景色(2)~ハギのトンネル付近~紅葉鮮やか~

野草園(2013/11/24)~園内の景色(3)~芝生広場付近~+ケヤキとTV塔の雑談

野草園(2013/11/24)~園内の景色(4)~沢・深山植物区から彫刻広場と一番高いユリノキ~

野草園(2013/11/24)~園内の景色(5)~メグスリノキ、コハウチワカエデ~

野草園(2013/11/24)~園内の景色(6)~あやめ、あじさい区、どんぐり山、あかまつ林~

野草園からの帰り~大年寺山から見た夕景も綺麗だった~

超?広角撮影が最近お気に入りみたい~DSC-HX100V + 0.7倍ワイドコンバータ




collagenkirei 国産 植物 酵素 ソフトカプセル 約2ヶ月分(120粒)ゆ便
ニチエー株式会社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by collagenkirei 国産 植物 酵素 ソフトカプセル 約2ヶ月分(120粒)ゆ便 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

植物酵素ゼリー
プリンストレーディング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 植物酵素ゼリー の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

野草園(2013/11/24)~園内の景色(5)~メグスリノキ、コハウチワカエデ~
Excerpt: 行きで通らなかった所で、かつ綺麗なルートを極力選んで帰ります (ギリギリまで欲張り(^^;)) 色んな色彩が繊細にギュッと詰まってて綺麗。 ちょっと視点が変わるだけで主張し..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2013-11-28 19:54

野草園(2013/11/24)~園内の景色(1)~高山植物、針葉樹、のばら、水生植物区~
Excerpt: # ちょっと書き直しました (2013/11/28)   野草園内の高山植物区画。 ちょっと日本庭園風っぽい。   造りが込み入っていて面白い。   極力見える..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2013-11-29 06:47

野草園(2013/11/24)~園内の景色(2)~ハギのトンネル付近~紅葉鮮やか~
Excerpt: ハギのトンネル付近の紅葉。 陽の光と良い感じで絡んで・・・写真で見る以上に綺麗でした。 この時期、ここまで紅葉楽しめると思いませんでした(^^) ..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2013-12-24 23:47

野草園(2013/11/24)~園内の景色(3)~芝生広場付近~+ケヤキとTV塔の雑談
Excerpt: あかまつ林を抜けて、あやめ区経由で芝広場に向かいます。   休み処?   五月にはアヤメが咲き誇り、白花のアヤメもあるようです。   3社共同テレビ塔と仙台ス..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2013-12-24 23:48

野草園に行ってきました~こんな素晴らしい場所だったとは・・・~
Excerpt: ヤマガラの記事書いてて、手乗りヤマガラの事を知り、是非とも経験したいと思い、 ネットで手乗りヤマガラスポットが無いか調べてみたんですが、良い情報が見付かりません。 まぁ、居るのはやっぱり山・・・だ..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2014-09-01 06:54

野草園からの帰り~大年寺山から見た夕景も綺麗だった~
Excerpt: 大年寺山(大年寺山  Wikipedia)は、標高120mとそんなに高くは無いですが、 八木山、向山方面へ下るルートからの西方面がスパッと開けていて景色が綺麗でした。 蔵王連峰と..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2014-09-01 06:54

超?広角撮影が最近お気に入りみたい~DSC-HX100V + 0.7倍ワイドコンバータ
Excerpt:   「コインパーキングの不思議な100円玉 + DSC-HX100V(with ジャンクレンズ)超マクロ」の記事を 書いていた頃だったかなぁ・・・ 中古で見つけた0.7倍ワイドコンバージョン..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2014-09-01 06:54

野草園(2013/11/24)~電波塔と野草館内と野草園入口付近~
Excerpt: 野草園の駐車場に停車して目に付くのは・・・ というより、もう走っている内から目に付くのは迫力の(TV)電波塔。 野草園と電波塔は筋向い。 この電波塔は、東日本放送(KHB)、NHK、東北放..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2014-09-01 06:55

野草園(2013/11/24)~園内の景色(4)~沢・深山植物区から彫刻広場と一番高いユリノキ~
Excerpt: 沢・深山植物区、この辺りはその性質上?鬱蒼としてじめっとした雰囲気となっています。 水琴窟の説明。 手前の竹格子の下に水琴窟が仕込まれています。 ここにひしゃくで水を垂らすと、..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2014-09-01 06:56

野草園(2013/11/24)~園内の景色(6)~あやめ、あじさい区、どんぐり山、あかまつ林~
Excerpt: 時系列では、「 野草園(2013/11/24)~園内の景色(1)~高山植物、針葉樹、のばら、水生植物区~」の続きとなります。 「野草園に行ってきました~こんな素晴らしい場所だったとは・・・~」で最初に..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2014-09-01 06:57