先日の故障ディスクの復活なるか?

故障ディスクの状態を調べてみた。


つぼみ02

(本文関係なし: ボツ赤外線カラー写真をHDR的処理してみたけど・・・ちょっと厳しいか)



古くからあるHD Tuneで、Full (Read) Block Scanかけてみると、

数がめっちゃ多い訳じゃないけど、なんか散ってますね・・・

故障ディスク_hdtune_error_scan

■=190MBのブロック表示になっているので、実際の不良セクタはもっと多い可能性があります。

非AFTディスクなので、セクターサイズは512Byte。


HDD Reneratorで、

ディスクのS.M.A.R.T.(Self-Monitoring Analysis and Reporting Technology)情報を見てみると、

(HD Tuneの[Health]タブも一緒の機能ですが、こっちが個人的に見やすい)

hdd_regenerator_smart01


Current Pending Sector Count (不良候補)が40もありますが、

Reallocated Sectors Count(代替された数)は0。

これ自体はまぁ超異常ではない・・・けど、

フルバックアップでReadしたんだから、代替してても良さそうなんだけど、

ファームバグか、コントローラ暴走とかで代替出来てないのかな?



これはこれで疑問はあるんだけど、


Windows的に不良ブロック検出してない(そこに触ってない)のに、

明らかに体感的に遅いのは何故?


という疑問の方が大きいかな?



UltraDMA CRC Error Countは1。

コントローラ、SATAケーブル不良だともっと増えていいはず。

マザボのSATA接続先も変えてみたので、これらの疑いはちょっと薄い。

データ伝送状態の問題では無さそう。



怪しいのは、Spin-up Timeか

注意印も付いてるし (^^;)

たしかに、思い返すと、復帰作業時は、

キュインキュイン、シュン・・・

を延々続けて違和感があった。

Spin-upに失敗といえばそうかも知れない。


だとすると、

データ的不整合によるReadリトライは無いんだけど、

えらい遅い!!! 

というのは説明つきそう。



これは初めてのケースですね。

電源故障時に、モーター制御部辺りにダメージくらったのか?

温度が他に接続している同型HDDと比較すると高めだし、部品が弱ってる感じ。

寿命だったかも知れないけど、電源故障で、何らかの刺激は受けたんじゃないかな?



ちなみに、

HDD Regeneratorで1セクターのリフレッシュ(復活)は出来た

(Current Pending Sector Count が1減った)んだけど、

このHDDの状態では、残りをトライする価値は無いかなぁ・・・



HDD寿命3~5年と考えると、1.3年利用で故障はちょっと短命でしたが、

お疲れ様でした!


(って、まだデータ取りこぼしあるかも知れないので繋いでるケド・・・(^^;))




~おわり~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック