忘却の彼方~一体何が僕らに起こった?~

奇妙なコトに記憶が合わないんです

先にアップした動物園の記事を家内に見て貰ったら・・・


1回一緒に行ったよ!


え?


行ってないよね?


行ったよ!

遊園地に近い方の駐車場にい車止めて歩いて・・・

(省略)



全く思い出せないんですけど・・・

全く思い出せない・・・

八木山動物公園の写真をWebでだ~っと眺めても

全く記憶が喚起されません。


まじ?

前の人とかと勘違いしてない?


間違いなくワタクシと一緒に見ている記憶だと言う家内。


そこでの面白かった出来事とかをピンポイントで聞いても、

全然思い出せません。



状況を聞いても喚起されない

幾つかの出来事を聞いてもサッパリ・・・


例えば家内と「背の高いキリン」を目で見た記憶は、

福島県のサファリパーク(車で乗り入れるヤツ)で、

車の窓にキリンが首突っ込んで来た記憶

⇒EBEANSの杜のガーデンテラスにいるキリン模型の記憶

とぶっ飛びますが、そんなハズは無いと言う家内。


レッサーパンダは、自分では風太君とかTVでしか見たコトが無い

つもりの記憶なんですが、一緒に見たと言います。


最初にペンギン・・・サルは嫌いだからサル山は見てなくて・・・

と話をどんどん聞いてもホントさっぱり・・・




(写真は本文とは関係ありません)

ツキノワグマ

(Photo by Kennosuke Yamaguchi)




ラチがあかない、MAP見るぜ。

動物公園の動物MAPを見ても全然・・・

動物園の動物MAPを見ても、

こんな動物見たら自分の性格や好み上、

必ずどれかは覚えていていいと思うのに、

「一匹たりとも」見た記憶が蘇りません。



写真はどうなってる?

この頃は、

写真フォルダーに日付+イベント名で整理してるので

主要イベントは一目瞭然です。

全部眺めましたが、八木山動物園の写真はありません。


写真無いよ?

出会った頃から写真撮ってるから、

写真を撮ってない時期でも無さそうだよ?

やっぱり行ってないんじゃない?


でも最初の頃だとカメラ忘れもあるよね?


まあね~



どっちが間違ってる?

でも・・・記憶が全く無いんだよね・・・


こんなに記憶無いっておかしくない?


・・・と、

再度、家内の側を確認しても、

ワタクシと居る記憶として確かに蘇ってるらしく、

家内も「記憶間違ってないと思うんだけどなぁ」

という状態。



どちらかの記憶が間違っているのは間違いないんですが・・・

判断不能!!!



記憶の欠落?

怖くなって来ました。


漫画やドラマで見る「記憶の欠落」ってヤツなんでしょうか?

これまでは詳細が思い出せないコトはあっても、

それは詳細の忘却であって、

ぼんやりと「確かにそこに」という感覚を伴っての忘却です。


こんなに手がかり感が無い忘却?は過去経験がありません。


ましてや、

二人の大事な思い出に類する出来事だし、

何より体を動かしての体験的記憶ですから、

まるっきり手がかりも無く欠落ってのは考えにくい・・・



不条理な出来事の原因?

まさか、今までの変なタイミングで変なコトが起こるとか、

良いことがあると悪いことが倍返し以上で返って来る出来事って

自分でやってんじゃないだろうね?

という恐怖。


後は、誰かに記憶をいじられてるんじゃないか?

というまさに漫画的な出来事が自分の身に起きてるんじゃないだろうね?

という恐怖。


素直に考えれば、記憶の病気ってコトになるんでしょうが、

つい、不思議系に発想が跳んでしまいます。



それとも、

記憶の書き換え?

家内がワタクシへの愛の深さ故に、過去の記憶を書き換えたのでしょうか?




妄想しても仕方ない・・・確認手段はまだある

日記を確認

家内が日記帳を確認しようとすると、

ちょうど確認した年付近の日記帳が何故か見つからず確認出来ない・・・

全然広くもない我が家・・・なんで見つからん?

なんだコレ? やっぱり変な力が???


監視部門は大慌て?

やっべ~・・・記憶いじり半端で対象に気付かれちゃいました!


何やっとるんじゃ馬鹿者!


ってな第三者の会話を妄想したり・・・



結論は後日

とりあえず日記を探すのを最優先にします。

まずはそれから・・・ですね。




ここまで読んで頂いた方、

もわっとした感じですいません・・・




~おわり~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック