圧力鍋でゆで卵⇒つるっとむけてやみつきになりそう


以前から試したかったけど

ちょっと卵1パック古くなってしまったので、

以前から試してみたかった圧力鍋でゆで卵をやってみました。


2回も試せば、パラメータ確定出来るかな?


・・・と、お試し。


いくつかレシピを眺めての1発目を適当に決めてやってみました。



圧力鍋でゆで卵の自分手順

・冷蔵庫から卵を出す(冷えたまま)

・圧力鍋に水を入れる。

・圧力鍋でフタをせずに水を沸騰させる。

・沸騰したら一旦火を止めてトングで卵を突っ込む。

・圧力鍋のフタをする。

・強火で加熱。

・オモリがシュッシュッと揺れ始めたら、「茹で時間タイマー」開始。

・シュッシュッが止まらない程度に弱火にする。

・茹で時間タイマー終了したら火を止める。

・「余熱タイマー」開始。

・余熱タイマー終了で、シンクに移し、フタの上から水で強制冷却。

・フタのロックピンが下がったら、フタを開けて卵を水で冷やす。

・卵をむく。



固ゆで:それぞれの時間

1回目: 固ゆで

水の量:横に寝かせた卵の腹がちょっと出る位

茹で時間:3分

余熱時間:4分


さてどうなってるかな?


自動的にむけてる!


6つ中、2つがカリメロ(知ってる?)状態になってました。

綺麗に半分の殻がパカッと(^^;)


普通なら、卵にヒビが入ると、

ハマグリがベロ~ンと舌を出すみたいに

白身がはみ出して固まったりするんですが、

ちょっとデボコボになる位で綺麗に出来てました。


これはびっくり。

ヒビの入れ方極めれば、自動で完全に剥くとか出来るんじゃない?(^^)



どの卵もツルッとむける

圧力鍋の効果なのかな?


気持良い位につるっとむけました。


鍋でやったり電子レンジでやってた時の工夫が馬鹿らしくなる位です。


ただ、このパラメータだと、

加熱が強過ぎたのか、ちょっと色が付いてました(写真ないけど)


でも、黄身もしっかり固まって目的通りの固ゆででしたが、

もう少し時間を短縮しても出来そうな感じはします。




次は半熟にしてみよう。

半熟ゆで卵にトライ

最初のやり方だと、

最初の沸騰にちょっと時間がかかって無駄なので、

短縮出来るように水を減らしてました。


そして、勘でとりあえず以下のパラメータでやってみました。

2回目: 超半熟 (下の写真くらい)

水の量:なべ底1cm弱くらい

茹で時間:90秒

余熱時間:90秒


↓こんな感じでいい感じになりました。

自動むきにはなりませんが、これもスルっと殻がむけます。



ちなみに、うちの圧力鍋は、アサヒの活力鍋(ゼロじゃない古いヤツ)1.45Kの圧力鍋。

オモリは大抵HI(高圧力)を使ってます。


~おわり~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック