圧力鍋で鳥むね肉のチャーシュー ⇒豚バラ肉を添えて更においしく~


お手軽だし、それなりに使えるし、毎週のように作ってます(^^;)


材料


【材料】
鳥むね肉: 2枚(400~500g)
豚バラ肉: 適量(100~250g)
料理用糸: 適量

【調味料】
しょうゆ:   大さじ2杯
みりん:    大さじ2杯
酒(無塩): 100cc
砂糖:    大さじ3杯
水:     50cc

【茹で時間】
12分


1kgの国産鳥むね肉だと、400円せずに買えるのでかなり安く作れます。



圧力鍋での自分手順


・【材料】を下ごしらえする(後ろに写真あり)

  ・鳥むね肉を切り離さずに何枚かにおろす。

  ・豚バラ肉を間に入れ込む。

  ・全体を料理糸で縛る。

    # 豚バラの量を抑えれば、爪楊枝何本か挿すだけでも大丈夫です。

    # 以前はこうやってましたが、肉としっかりくっついて抜けないコトが

    # あるのでそこだけ注意です(そうなると崩さざるを得なくなる)

・圧力鍋に【調味料】を入れて良く混ぜる。

・圧力鍋に【下ごしらえした材料】を入れて、フォークでザクザク刺して漬かり易くする。

  ・自分の茹で時間だと焦げないので向きはあまり気にしませんでした。

・圧力鍋のフタをする。

・強火で加熱。

・オモリがシュッシュッと揺れ始めたら、「茹で時間タイマー」開始。

・シュッシュッが止まらない程度に弱火にする。

・茹で時間タイマー終了したら火を止める。

・フタのロックピンが下がったら、フタを開ける。

・肉を切る(あわせて糸を切る)

  ・厚切りにしないと崩れやすいです。

・保存器に肉と煮汁を入れる(漬け込む)

・冷蔵庫で冷やす。

・次の日以降がおいしい。



ちなみに、うちの圧力鍋は、アサヒの活力鍋(ゼロじゃない古いヤツ)1.45Kタイプ。

オモリは大抵HI(高圧力)を使ってます。



材料の下ごしらえ

綺麗に切ってミルフィーユみたいに多層にしてもうまく行くかもしれないけど、試してないです。


写真みたいに完全に切り離さないように何枚かにおろします。

全体をまず2枚におろして、それぞれをまた2枚におろして、

豚バラを3箇所に挟めるようにしてます。

鳥むね+豚バラのチャーシュー (2)



豚バラをお好みで挟み込みます。

鳥むね+豚バラのチャーシュー (3)



料理糸で縛ります。

# 豚バラの量を抑えれば、爪楊枝何本か挿すだけでも大丈夫です。

# 以前はこうやってましたが、肉としっかりくっついて抜けないコトが

# あるのでそこだけ注意です(そうなると崩さざるを得なくなる)

鳥むね+豚バラのチャーシュー (4)




調味料と材料を入れて混ぜたところ。

この写真は、1つだけ、実験的にラードを切って挟んだもの。

ちょっとラードの押し込みが弱くて、カケラがポロっと漏れてしまい、

その油が白く浮いてます。

鳥むね+豚バラのチャーシュー (6)



煮終わって半分に切ったところ。

豚バラ・・・入れ過ぎ?(^^;)

鳥むね+豚バラのチャーシュー (7)


鳥むね+豚バラのチャーシュー (8)



漬け込みます。

今は白っぽくてあまりおいしそうに見えないけど、

次の日には見た目もきっとおいしそうになってます(^^;)

鳥むね+豚バラのチャーシュー (1)



そのまま食べてもOKだし、食パンに挟んで食べてもおいしいです。

キャベツと少量のソースを合わせるという手抜きでも結構おいしい。



(注)味覚が合わなくても文句は受け付けません(^^;)



~おわり~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック