何か怖い・・・広瀬川河川敷で128人が 「仙台狩り」に遭う+ baldとboldの違い

クモとサソリの争いを接写!

(Photo by yuzuki matsushita)



FNNLocalより

11月3日の「文化の日」。

場所は、宮城県仙台市若林区の広瀬川の河川敷。

そこで、400人の「仙台狩り」が行われる予定だった・・・



誤字しちゃった(^^;) 狩り⇒刈り・・・が正解



仙台刈りとは?

仙台刈りは、伊達正宗の前立てをイメージした前髪に、

後頭部は、東日本大震災に打ち勝­つという意味を込めて、

ビクトリーの「V」をあしらうのが特徴。



「仙台刈り」は、若林区の商店街が2014年6月、地元を盛り上げ­ようと考案。




髪型も文化の1つということで、3日の文化の日に、お披露目会を兼ねて、

仙台刈りの人­たち、400人の髪をセットするという、ギネス記録に挑戦

理容師が一斉にセットをしていく中、ギネスの公式認定員がカウント。



しかし、3日の記録は128人と、残念ながら、ギネス登録とはならなかった。


「愛宕商栄会」の八木 均さんは

「年齢問わずに、似合うというような評価はいただいております。

おしゃれな街­ということで、

日本中、世界中に発信できたらいいと思っています」と話した。



実際の「仙台刈り」なる髪形の映像については、ニュース動画をどうぞ。



目標とかけ離れすぎた記録、これは何故だったんでしょうね?

刈る側が少なかったのか、刈られる側が少なかったのか?



話はちょっと変わりますが、

頭頂薄い方はどうすればいいんでしょうね?

仙台刈りに参加出来ない?


いえいえ、そんなコトは・・・


折角だから、

公式バリエーションとして、バージョン名称作ればいいよね?


「仙台刈り」ボールド・バージョンとかって案外響きはカッコイイ。



ちなみに、

エイゴの時間【podcastで英語のレッスン】 ≫ loveとrubによると、

bold [] …勇敢な

⇒ ボゥル(ド)
bald []  …禿げた ⇒ ボールド


と、間違えやすい単語でもあるらしいです。

褒めるつもりが、ハゲと罵られたと激怒される可能性があるので注意です。



bold(勇敢な)とbald(禿げた)・・・


こう考えると、「仙台刈り」ボゥル(ド)・バージョン!でも、何となくしっくりきそう。


禿げてるのに、「仙台刈り」に挑戦するなんて、勇敢!



でも、

bald予備軍の自分は、bold・versionにトライする勇気はナイケド・・・(^^;)




~おわり~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

(天人鳥)あれ?いつもの黒いご飯皿が無いよ?トコトコ近付いて来るくうちゃん
Excerpt: (天人鳥)あれ?いつもの黒いご飯皿が無いよ?トコトコ近付いて来るくうちゃん 新しい環境への順応度はひなちゃんの方が上ですが、 慣れてしまった環境付近への好奇心の強さ、探検力はくうちゃんが上です。 ふ..
Weblog: 天人鳥のいる暮らし
Tracked: 2015-02-26 06:07