車の給油口が開かなくなったトラブル⇒解決!


義父が副作用で食欲無くなったら、車も食欲無くなった?⇒治療必須に

で書いた車のトラブル。


とりあえず、解決しました。


ワイヤーとラッチ周りの構造と問題点と解決策。


パキッっという破壊音はたいしたコトなかった

最後にパキッと音がして、ロック機構に関わる部分が壊れた可能性もあるなぁ・・・

と思ってましたが、手動でロック解除された給油口を眺めると、

フタ受け機構のクッション的な部分のプラスティックが数mm欠けただけで、

動的機構を破壊した訳ではないようです。


見ると、フタ側の引っ掛けと、受け側のロックピンも金属製で、

簡単に壊れなさそうな構造してました。


あぁ良かった・・・

これならワイヤーとか、ちょっとの調整で直りそうです。



作業に張り付かせて貰った

ただ、遠方で再発したりするとヤバイので、

内側から手でロックを解除する方法も知っておきたいこともあり、

(最低限、どこをどう外せば、車内から手動オープン出来るか知りたかった)

担当の技術者は嫌だったろうけれども、ずっと張り付かせて貰いました。



自分予想ハズレで、交換を勧められる

2人がかりで対応して貰ってましたが、

どうも簡単に行かないようです。


あれ? 予想外・・・


最終的に、

部品交換、ワイヤー交換を勧められました。


途中チョコチョコ覗いていて、遊びが多いのは見て取れたので

そこが原因っぽいと思ってた自分は、



ん~・・・なんか納得いかない・・・

自分でもしっかり見させて貰う

ラッチの構造や、ラッチとワイヤーの動き、

指にかかる圧とかを自分も見させて貰うと、

素人ながらも、

フタに繋がるワイヤーの遊びが大き過ぎるのが一番の原因にしか見えません。

2番目のワイヤーをクイクイ引いて見ると、フタロックが軽い力で開きます。

このワイヤーの遊びがあり過ぎるのが原因にしか見えません。


そこに詰め物すれば直りそうですよね?


これで直るかな?と余裕をぶっこいていると、

やっぱり直らない?!

レバーが固くなるだけで無理でした。


え? まじ? そんなワケないと思うんだけど・・・


再度見させて貰うと、


話がうまく伝わってなかったようで?

レバー直結のワイヤー側に詰め物されてました。



位置修正でリトライ

その詰め物の位置を修正してもらうと、

レバーの引きがかなりガチガチですが、とりあえず開くようになりました。


ほんと交換しなくていいですか?
新車の時から、給油口オープンのレバーは固かったんで、この位は問題無しです。
きっと新車の時からこのレベルのギリギリな状態だったんでしょうね。


新車の時に言って貰えば無料で交換出来たと思いますよ?
あぁ~、その時は固いなぁ程度で特に不満に思わなかったですからね・・・



過去経験は無し

ちなみにロック機構のこんな感じの故障はこれまで事例が無いそうで、

自分が運悪くはまってしまった感じです。




交換修理の場合の費用と今回の費用

あとロック機構、ワイヤーの全交換となると、

一日以上の車の預かりが必要で、

工賃だけで3万以上の費用とかになるらしいと言う話を聞いて終了。


40分以上残業対応させてしまって申し訳なかったけど、

意思疎通がもっとしっかりしてれば、

残業無しで終われてただろうなぁと思うとちょっと残念。


今回のサービス工賃は6,000円ちょっと。

無駄な時間分も積算に入っちゃったんだろうなぁ・・・と考えると、

正直高いとは思いましたが、

車の構造や自分でのリカバリの知識も得たというコトでまぁいいか。


それに、いつも親切に対応して貰ってるしね!




今後は何かあっても大丈夫

万が一の時には、

スピーカーを外すだけで、手が届くというコトも分かりましたので万全です。


図の赤い色で書いているトコロのワイヤーの遊びを解決するために詰め物。

電装系に使う柔らかい部品でとりあえず対処したので、

時間経過で再発すると思います。


その時は、自分で固い金属を詰めたいと思いますが、

根本的に何かまずいようであれば、交換するしかないかな?


フタを開けるだけならスピーカー外すだけだけど、

詰め物の交換対応するとなると、

かなり内装や部品を外さなきゃいけないけど、全部見てたので大丈夫。


あと、図中にもメモ書いたけど、

力点の位置がそもそも、なんであんな位置なんだろう???




~おわり~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック