人間5人、1年間の排泄物で300km。英国で一般化する「排泄物バイオバス」 + プラント比較

BioBus

(Photo by Scott Beale)



え? スゴ・・・


人間5人、1年間の排泄物で300km。英国で一般化する「排泄物バイオバス」 (WIRED)


人間の排泄物と生ゴミからのバイオガスで走るバスが、英国で運行を開始した。
タンクには、「人間5人の1年間の排泄物から得られる」バイオメタン燃料が入る。
1回の補給で300kmを走ることができる。


バイオメタンを燃料とするバスは、ディーゼル燃料のバスに比べて、

温室効果ガスの排出が約30%少ない。


また、ガスは放出前に浄化されるので、臭いがすることもない。




ねぇ、くうちゃん。 バスに排泄物入れたら走るって思ったんでしょ?


てへ・・・


英国ブリストルの下水・食品廃棄物処理施設では、

下水と食品廃棄物からガスを取り出し、全国グリッドに供給する新しい工場が稼働を開始した。


また、バイオバスに補給ができる燃料ステーションもつくられた。


Wessex Water社の子会社であるGENeco社が運営するこのプラントは、

年間約1,700万立方メートルのバイオメタンガスを生産できる。

これは、8,300世帯の電力量に相当する。


ブリストルの下水処理場は、1年間に約7,500万立方メートルの排泄物と、

35,000トンの食品廃棄物を処理している。


嫌気性消化・バイオガス協会(ADBA)のシャルロット・モートンCEOは、

英国国内のガス需要の約10%を、バイオメタンに置き換えることが可能だと説明している。


バイオメタンで走るバスは、英国では2009年9月に運行が始まり、

徐々に一般化してきている(ノルウェーのオスロでも、同様の取り組みが行われている)。




日本ではどうなのか?

税所に目に付いた

鹿追町環境保全センターバイオガスプラント| 鹿追町

のプラントで、比較してみます。


英国: 


生産量:

年間約1,700万立方メートルのバイオメタンガス



処理量:

(1) 1年間に約7,500万立方メートルの排泄物

と、

(2) 35,000トンの食品廃棄物を処理(⇒約100t/日)


日本:


生産量:

バイオガス生産量(日平均) 3,036.4?/日 ⇒ 約110万立方メートル/年間


処理量:

乳牛ふん尿・その他: 計画処理量 94.8t/日




最初、(2)のトン数だけみて、規模同じ位かなと比較したら全然違った(^^;)

(1)分が大きいのかな?


「濃度」の違いもあるだろうから、単純比較出来ないのかも知れないけど。




あまりにも比較失敗だから、もうひとつ探してみようよ?

バイオガスで発電・売電、下水処理の焼却コストが1億円以上の収益に変わる(2013/12/19)

下水を処理する過程で発生するバイオガスの多くは、これまで焼却処分されてきた。


いま新たに全国各地の自治体が再生可能エネルギーの1つとして取り組みを開始した。

特に積極的なのが栃木県で、

県内7カ所にある浄化センターでバイオガスを活用した発電設備の導入を進めている。


4カ所の浄化センターで発生するバイオガスの量は年々増加傾向にあり、
2012年度の合計で約370万立方メートルにのぼる。



こうやってみると、イギリスの規模(1,700万?/年間)って大きいのね?
効率やエコ視点にも色々な見方があるね?

生ごみバイオガス化事業 - 長岡市

バイオガス施設見送り 発電効率など不十分/藤沢市


でも、それに突っ込むのは止めるわ。



~おわり~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック