TINY DROPS (B'z)~声の音域と周波数のリアルタイム測定で倍音やフォルマントを見る~


前置き

こんなコトを書いてアカペラ音源を幾つかアップしてみてたワケですが・・・

半年ぶりにカラオケ行って来ました ⇒ 久しぶりのLiveDAM精密採点DX


久しぶりのカラオケで歌って見た感覚を、部屋・小声にフィードバックしてみました。


音源作ってて、今までのアカペラ音源よりうるさくて粗い印象がありますが、

多分、こっちの歌い方の方が、よりカラオケでの感覚にシームレスに繋がります。


今まではカラオケでの発声感覚との違いを意識して、

何かしら足しになるように心掛けながら、 部屋で小声で歌ってましたが、

この歌い方だと、感覚の違いにあまり 注意を払わずに、

声帯周りの筋力、神経のトレーニングになりそうです。


現状だと、さすがに低音を強く入れるとうるさ過ぎになるんで出来ないし、

高音の発声が粗いのも、部屋だと声量を抑える必要があるからだし、

口での響かせもうるさくなる原因っぽくてあまり出来ないけど、

もう少し、声帯周りの筋肉や神経が目覚めてくると、

部屋でも、もっと良い感じで歌えるようになるんじゃないかなぁと思ってます。


今までもこの歌い方は部屋で出来ないよなぁ・・・⇒ブレークスルー、

を繰り返して来たけど、

さすがにこの歌い方(カラオケでも遠慮しちゃう)で、部屋では絶対ムリと思ってたけど、

何か近い感覚で出来てきた感じがあります。

カラオケに行った効果でしょうか?


何か、中島美嘉さんの「雪の華」を歌ってから、感覚が大きく変わってしまいました(^^;)

感覚と言っても、声帯周りというより、「脳ミソ」の感覚ですかね?


低音曲も普通に歌ってますけど、どちらかというと、

低音カットして高音、でも柔らかく・・・ってな歌い方を求めてきたワケですが、

低音ベースに高音を混ぜ込む感覚じゃないと何か気持悪くなって来ました。

声が前に飛びすぎて?今まで部屋で出来なかった発声が

いつのまにか抑えて出来るようになってました。

感覚的には、こんなコメントで公開してた曲の歌い方の延長です。

この延長で、ちょっとだけメリハリ(抑揚?)を意識すると「脳みそ」が満足してる様子。


今回はそんな感覚で歌って見た曲を幾つか・・・


練習用の部屋で小声アカペラではあるけど、

ぱっと聴いて部屋で小声の歌声だね?

って分かんない感じになって来てると思うんだけど・・・どうでしょう?



WaveIlluminatorで声域と周波数を波形で見る

WaveIlluminatorを使って、リアルタイムでの発声(音程)の状態を眺めながら・・・

(写真は違う音源でのWaveIlluminatorの画面例)

WaveIlluminatorを使うと、

倍音がどうなってる?とか、フォルマントがどうなってる?とか、

歌ってる感覚と、録音された成分の関係が感覚的に分かって便利です。


PCノイズの問題で、直録やMD音源取り込みがノイジー過ぎるので、

もうずっと、スマホで録音⇒メールでPCに転送してます(^^;)

そして、ちょっと長い動画編集でPCが突如ダウンするコトが多くなったので、

それを避ける為に、キャプチャーソフトのbandicamにエディタ・メモで

コメントを残すようにしてます(まぬけ感バリバリですけど・・・)

このせいで、天人鳥のくうちゃん達の動画も凝ったコトが出来なくてちょっと寂しい(^^;)

最近は彼らを撮影した生動画をアップするのみになってしまいました・・・

3gaをmp3に変換⇒WaveIluminatorで再生+コメント・メモ⇒

bandicamでキャプチャ(試用版なので10分の記録制限有)⇒YouTubeアップ




今回の音源

歌い方や声質は微妙に変えてますけど、

どれも前置きに書いてたような歌い方がベースになってます。

基本うろ覚えですけど、そこはご容赦。


今回の追加

TINY DROPS (B'z)~声域と声の波形を見る~

(低いパートの低音強め過ぎて、あまりB'zらしさが無いけど・・・)

地声低:mid1E
地声高:hiA#

(音域データ - B'z - 音域.comより)


(前記事分)

Make Up Shadow(井上陽水)~声域と声の波形を見る~

ラブストーリーは突然に(小田和正)~声域と声の波形を見る~

世界中の誰よりきっと(WANDS)~声域と声の波形を見る~

ブルー・ウォーター(森川美穂)~声域と声の波形を見る~ (不思議の海のナディアの曲)

傘がない(井上陽水)~声域と声の波形を見る~

どうですかね? ちっとは聴けるようになってますかね?

ちなみに、どれも2曲入っていて、

1曲目はREVERBとかのエフェクトあり、2曲目はエフェクト無しの生歌になってます。



ちなみに、感覚変化のキッカケとなった曲はコレ(ちゃんと歌えてないケド・・・)

# こっちの歌い方をベースにしたのが今回の記事の音源

声域と声の波形を見る~ 雪の華(中島美嘉)本人の歌い方に近い歌い方(多分)版


# こっちの歌い方はこれはこれで好きなんだけど、正しくないのかも知れないですね。

# 何故かというと、圧倒的に上の発声の方が楽だから・・・

声域と声の波形を見る~ 雪の華(中島美嘉)歌いたい方の歌い方版



~おわり~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック