エボラ:米国、1,400人以上がまだ監視下、各国:鳥インフル・デングでの死亡もちらほら

エボラ出血熱

CDC: More Than 1,400 People in U.S. Being Actively Monitored for Ebola

(December 1, 2014)(sharylattkisson)

エボラ出血熱は、大きなニュースになってないが、

米国の44の州で1,400人以上の人々が監視下にある。

新たな症例は10月23日以来、米国では報告されていない。

ってコトのよう。


これを、多いと見るのか、少ないと見るのか・・・

嵐の前の静けさなのか、

それとも、やはり健康体ならば、恐るるに足らぬ相手だったのか?


初期診断を誤ってしまいそうなインフルエンザの季節。

また騒ぐにしても、せめてこの流行が終わってからにして欲しいですね。


おかしなトコロで動きの鈍い日本、

ここのところ、エボラ対策が地道に行われているニュースがチョコチョコあるのが、

逆に怖い気がするのは、気のせいであって欲しい今日この頃(^^;)


鳥インフル

12月に、エジプト女性が鳥インフルで死亡。


デング熱、デング出血熱

台湾、インド、ボリビア、シンガポール、パキスタンでは11月下旬でも死亡者が出てますね。



~おわり~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック