緑内障のメカニズムその4|正常眼圧緑内障が増えてる本当の理由かも知れない眼圧測定の驚きの弱点

 

緑内障のメカニズムその4|非接触な眼圧計の測定の仕組み(メカニズム)と角膜厚による誤差があるという弱点~角膜厚での補正計算さぼってるのも初期段階の緑内障見落としの要因のひとつなんじゃない? - 視力回復コア・ポータル

 

プシュッと空気を眼に当てて眼圧を測りますよね?

こんな仕組みなんだそう。

非接触な眼圧計の測定の仕組み(メカニズム)と角膜厚による誤差があるという弱点~角膜厚での補正計算さぼってるのも初期段階の緑内障見落としの要因のひとつなんじゃない?

 

眼圧測定の仕組み(非接触型)と弱点~弱点なのか?使い方のミスなのか?

空気の塊を角膜にぶつけて、凹んだ穴の直径で判定。

  • 凹んだ角膜の直径が小さいほど、眼圧が高い
  • 凹んだ角膜の直径が大きいほど、眼圧が低い

・・・と、何らかの統計データ?に基づく計算式で判定するらしい

 

角膜が薄いほどに眼圧は低めに計測されてしまう弱点あり

 

え? だめじゃん?

 

続きをどうぞ⇒

緑内障のメカニズムその4|非接触な眼圧計の測定の仕組み(メカニズム)と角膜厚による誤差があるという弱点~角膜厚での補正計算さぼってるのも初期段階の緑内障見落としの要因のひとつなんじゃない? - 視力回復コア・ポータル

 

 

powered by 視力回復コア・ポータル|新・視力回復法~コア・メソッド~軸性近視からの回復法|やすみん001 (yasumin001)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック