緑内障に繋がる圧力で神経がやられる要因のひとつ~とにかく眼球運動が足りない!?

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム~新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム~ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ~(Ver.11)

からのピックアップ。

 

緑内障に繋がる圧力で神経がやられる要因のひとつ~とにかく眼球運動が足りない!?

これも緑内障シリーズとかに入れるべきものかも知れないなぁ・・・と思いつつ(^^;)

 

先に書いた後部硝子体皮質前ポケットでの眼圧上昇仮説はさておき、

眼圧に負けて、視神経乳頭陥凹部が陥凹拡大する現象は、緑内障の始まりと言われています。

血管や視神経や組織が圧力で押しつぶされるのが原因で、当然色んな病変要因もあるのですが、

大抵は?眼圧異常(高圧)によるものだろうと診断されてしまうのでは無いでしょうか?

 

しかしながら、不思議です。

人間の立っている時の足の裏や、椅子に座っている時の尻の裏、

寝ている時の体の裏面や横面、がっつり筋力で支えてない時でも、

神経や血管が圧力負けで破壊されてしまうことはありませんよね?

え?破壊しては修復していることに気付いていないだけだろうって?

もしくは、何日もずっと同じ姿勢じゃないから圧力一定じゃないよねって?

そもそも眼の神経の話とは全く別次元の話だろうって?

・・・そうかも知れません。

 

 

でも、それなりに動いているから細胞も活性化して・・・と考えると、

視神経乳頭が圧力負けするのって、運動量が足りないからじゃない?

とも思えるんですよね。

 

視神経は、眼球に後部から突き刺さり、眼球内部に張り巡らされています。

眼球は動きます。

視神経の束もそれにつれて動きます。

 

眼球と視神経の関係を、ゴムボールに割り箸を突き刺した状態と仮定し、

眼球が上下左右に動くように、ゴムボールを回してみると、

如何に視神経との接続部に負担が大きいか分かります。

 

Gray880.png
By Henry Vandyke Carter - Henry Gray (1918) Anatomy of the Human Body, invalid ID (See "Book" section below) Bartleby.com: Gray's Anatomy, Plate 880, Public Domain, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=566819

 

 

 

続きが気になったらどうぞ⇒

緑内障に繋がる圧力で神経がやられる要因のひとつ~とにかく眼球運動が足りない!?

 

 

Powered by 視力回復コア・ポータル|真・視力回復法~コア・メソッド~軸性近視からの回復法|やすみん001 (yasumin001)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック