眼科医は治せない?高眼圧を下げる目からうろこの方法/高眼圧メカニズムとその画期的な治し方?

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム~新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム~ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ~(Ver.12)

からのピックアップ。

 

眼科医は治せない?高眼圧を下げる目からうろこの方法/高眼圧メカニズムとその画期的な?治し方~緑内障のメカニズムその3

緑内障シリーズで、多少ふざけた感じで記事書いてましたが(^^;)、

その緑内障のメカニズム・シリーズのその3(記事公開取り止めにしてた部分)の内容相当になります。

本来はそちらのシリーズに組み込むべきかも知れませんが、多少混ざった感じなので今回も分解せずに行きます。

 

本項に関しては、下記シリーズ記事を読まなくても何となく分かるように書いていますが、

読んだ方が色々と分かり易いかも知れません(^^;)

 

現代医学的には、眼圧が高くなる仕組みは解明されていません。

これだけ医学が進歩した中、長い期間、解明されないのは着眼点が間違ってるからじゃない?

というのは、以前に「遺伝子説」に対して述べた見解と一緒になります。

もちろん、医学素人の見解なのでそれなりに受け止めて下さい(^^;)

 

さて、緑内障シリーズでは、影響を及ぼす範囲がこれまた大きいかなぁ・・・

と公開/明言を避けてた内容ですが、今回はズバリ?行きましょう。

 

・・・と、その前に・・・

 

0.02から0.4に持ち上げての1週間以降、全く眼圧が上がらなくなったかと言えばそうではありません。

その後の模索の期間で、気がつけば、眼圧も頭痛も気にならなくなっていた・・・というのが正しいです。

研究・模索を始めて1ヶ月半目くらいにパーミングをやらなくなった辺りでハッキリと自覚した感じです。

大抵は、意識が高圧傾向を感じる前に、脳が自動で処理している感じになります。

眼圧コントロールは、完全に脳制御下に入ったわけでは無く、意識的にも変えることが出来る、という状態でした。

ご参考⇒1日たった数分のトレーニングで目が良くなる? 短期の視力回復なら、1日何百回でもやるべきじゃ?

 

何処かで書いたと思うんですが、見つけられなかったので、再度書きます。

自分の場合、頭痛を引き起こすまで眼圧が高くなると、

眼球で特に異常を感じる部分が常にありました。

ある部分がめちゃくちゃ固く張って圧力と痛みを感じる状態が大抵併発してたんですよね。

 

痛いのは線維柱帯やシュレム管付近かというとそうではなく、もっと白目に寄った辺りでした。

(シュレム管は、図中のCanal of Schlemmで、その横の繊維帯が線維柱帯)

Blausen 0390 EyeAnatomy Sectional.png
By BruceBlaus. When using this image in external sources it can be cited as: Blausen.com staff. "Blausen gallery 2014". Wikiversity Journal of Medicine. DOI:10.15347/wjm/2014.010. ISSN 20018762. - Own work, CC BY 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=29025013

 

 

興味あれば続きをどうぞ⇒

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム~新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム~ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ~(Ver.12)

眼のメカニズム~新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム~ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ~

 

by やすみん001 (yasumin001) / 天人鳥のいる暮らし + 視力回復コア・ポータル|真・視力回復法~コア・メソッド~軸性近視からの回復法(Life with pin-tailed whydah(s)/vidua macroura and vision restoration)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック