【目の痛み/疲れを避ける配色の工夫】とても目が悪かった当時のWSやPCへの向き合い方~今思えば

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム~新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム~ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ~(Ver.18)

からのピックアップ。

 

【目の痛み/疲れを避ける配色の工夫】とても目が悪かった当時のWSやPCへの向き合い方~今思えば理にかなってた~

WSって何?って方も多いかな?

乱暴に言えば、いわゆるワークステーションって呼ばれてたビジネス・ユース機です。

大好きだったSunがOracleに買収されたことが懐かしい(^^;)

 

いきなり脱線しました失礼。

 

さて、目が痛い、頭が痛い・・・色々と悩まされてた当時、

ホワイト・バックに黒文字という当たり前の環境が目に痛い気がする

コントラスト系の設定いじっても楽にならない。

 

ふと、

ブラック・バックな画面にして、文字をシアンとかイエローにしてみたら、

何か良い感じ!

 

原色バリバリな色合いですが、何故か目が楽。

 

当時はその理由は何故?ってのを追求する発想が無かったけど、

今にして思うと、たまたまだけど、良い方法見つけたんだなと感じます。

 

先の項で書いたように、

外界の1点からの光は、網膜のある1点に収束すべきですが、

乱視、特に不正乱視だと、

光線が乱視でズレて、色んな角度からの不要な光線が、

網膜のある1点に重なってくるわけです。

 

仕事中の手元作業も、裸眼視力では不足なので、

当然、メガネやコンタクトをすることになりますが、

先に書いた通り、

乱視を綺麗に補正し切れたことは一度もありません。

近視度数で諦めて対応しているだけです。

 

裸眼であれば、

ぐちゃぐちゃ混ざって、ぼんやりしてしまった中から、

正しい輪郭を検出する挙動で、目や脳が疲れそうと自覚出来ます。

 

でも、

眼鏡・コンタクト装用状態だと、

何か目がきついと思いながらも、強く乱視を意識せずに、

文字としての認識は出来ちゃいます。

 

目がきつい理由は、過矯正その他の理由で・・・

ということもあるでしょうけど、

 

続きが気になるかたどうぞ

【目の痛み/疲れを避ける配色の工夫】とても目が悪かった当時のWSやPCへの向き合い方~今思えば理にかなってた~

 

乱視の脳内合成を再現01と02の元絵天人鳥のくうちゃん1ガウスぼかし

乱視の脳内合成を再現してみた00|真・視力回復法|視力回復コア・ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック