サイフォン式コーヒーメーカーがやってきた!(電気式)~やっぱりおいしい~

サイフォン式コーヒーメーカーがやってきた!(電気式)~やっぱりおいしい~


89年製で未使用

押入れの奥から未使用で発見されたこのサイフォン式のコーヒーメーカー。

20数年ぶりに日の目を見るコトになったわけです。


使わないというので頂いて来ました(^^;)



早速使ってみました

下のボトルに水を入れて、

上のボトルに挽いたコーヒー豆を入れます。


ボトル間には金属板に巻いた布フィルターがあります。


布フィルターは、バネの力で上のボトルに固定されていて、

そこに挽いた豆が載る構造になってます。



スイッチを入れると、赤く光る電熱ヒーターが加熱を始めます。

電気式サイフォン01



徐々に沸騰が始まります。


ポコポコという音と、沸騰する水が紅く色付いて、見ているだけで楽しい。


電気式サイフォン02



上ボトルはフラスコを逆さまにしたような形状で、

下ボトルに入れた水に突き刺さる形になってます。

水が気化して膨張した圧力で、

沸騰した水を上のボトルに押し上げます。


ドリップ式だと、水を部分加熱しながら送り出すので

抽出の動き出しが速いですが、サイフォン式は、

下ボトル全体の水をまず沸騰させて・・・

となるので、動き出しに時間がかかります。


そして沸騰で気化が始まり、圧力が高まると共に、

水が下ボトルから上ボトルに押し上げられます。


最初、フィルターの臭みを取ったり、消毒の為に、

水だけで抽出動作をさせましたが、

ふと気付くと上のボトルに移動が終わってました。


もう少し時間をかけてゆっくりとあがるものと思ってましたが、

数秒で押し上げられてしまうのは、ちょっと意外でした。


子供の頃、初めて、サイフォンでコーヒーを淹れるのを見た時の記憶、

もっとゆっくりあがってたイメージがありましたが、気のせいですかね?

当然、当時はアルコールランプ式でした。


(写真はもう少しで水の移動が終わるところ)

電気式サイフォン03



お湯となった水は、

挽いたコーヒー豆を躍らせて、こんな↓感じに濁ります。


この時点で、上ボトルの上部のフタを開けて、

浮いてるコーヒー粉をヘラで混ぜます。


この混ぜ方や、混ぜる時間でも味が変わるようです。


電気式サイフォン04


空焚きにならないように、下ボトルには少し水が残る設計になってます。


上ボトルを支えているアームの中に温度センサーがあり、

自動的に電熱ヒーターがオフになります。


電気式サイフォン05



すると、下ボトルの気圧の支えが無くなるので、

上ボトルの中で泳いでいた挽かれたコーヒー豆は、

布フィルターで濾され、

コーヒーオイルをたっぷり含んだコーヒー液が、

下ボトルに落ちて、コーヒーが完成!

となります。


ちょっと落ち切った写真を撮るの忘れましたね(^^;)




で、肝心のお味は?

文句無しにおいしいです(^^)。

同じ豆で、ドリップ式で淹れたのと全然違う。

人それぞれの好みがあるので、

一概には言えませんが、我々夫婦には合ってるみたいです。


もちろん、豆の種類や挽き方などによっては、

結果が変わってくるかも知れません。


お湯で躍らせるので、豆が悪いと雑味を拾いやすいとか、

尖った香りを飛ばしてしまい易いとか、

デメリットが強く出る条件とかあるみたいですが、


今メインで飲んでいる銘柄だと、良い感じにコクが出てとても良いわね!

同じ布フィルターを使う、ネルコーヒー派な方からは、

沸騰したお湯を使うなんて言語道断!

沸騰したお湯なんて温度高すぎ!なんて感じで、

サイフォン式は評価が低いみたいですね。



飲み方も変わった

一度に作れる量は、コーヒーカップで最大4杯、

普段のみのマグカップだと、カップ2杯分。


すぐ無くなっちゃうね?

と思いきや、コクや飲み口が非常に良いので、

一度に口に含む量が自然と少なくなりました。

ついやってしまう、ガブ飲みの防止になりますね。




・・・が、もちろん、良い事だらけなワケではありません。

ちょっと面倒な点

まず、

抽出直後は、上ボトルが半端なく熱い!

です。


ひょうたんの形のまま、コーヒーメーカーから外して、

上ボトルを取り外しすコトで、下ボトルでカップに注げるようになります。


上ボトルを外すのに、いちいちミトンの手袋必須で、ちょっと面倒(^^;)

上ボトルにもハンドルを付けて欲しいところですが、

デザイン重視したんですかね?




ちょっと不便な点

ドリップ式では紙フィルターを使っていたので、

抽出が終わったら、ゴミ袋にボイ出来ましたが、

サイフォン式は、洗い流す必要があります。


シンクの生ゴミ受けの袋が詰まり易いわね?



思ったほど面倒に思わなかった点

布フィルターが乾燥して酸化しないように、

水につけて冷蔵庫に保存しなければならないこと。


聞くと面倒そうだけど、やるとそうでもない(^^;)




コーヒー関連な記事:

故障したポットの買い替えに行ったのに、コーヒーメーカーを買って帰る→気になる方はどうぞ

おかしい・・・2ヶ月しか経ってないのに・・・・ハゲた

朝ごはん、お昼ごはんを食べても眠くならない新しいコーヒーの飲み方の開発?(^^;)

アナザーストーリー:眠くならない新しいコーヒーの飲み方の開発 + 雑談

バードフレンドリー コーヒーキャンペーンというポスター~環境保護の取り組み~



~おわり by yasumin001 (やすみん001) / 天人鳥のいる暮らし(Life with pin-tailed whydahs/vidua macroura)~

"サイフォン式コーヒーメーカーがやってきた!(電気式)~やっぱりおいしい~"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: