【近視の新常識】外眼筋ストレッチ&外眼筋トレーニング&眼球体操

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム~新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム~ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ~(Ver.14)

からのピックアップ。

 

【外眼筋ストレッチ&外眼筋トレーニング&眼球体操】あなたの目的は?疲れ目/眼精疲労解消?それとも視力回復?近視改善?乱視改善?誰も教えてくれない独自知識~大人から子供まで

外眼筋ストレッチ、それとも外眼筋トレーニング?どちらが視力回復に必要なの???

 

ちょっと過去記事から抜粋しますね。

【視力回復の研究】トランプのピラミッディング~眼球の運動異常が治った効果 + 自分の「一重まぶた」は、実は、病気「重度レベル(要手術)な眼瞼下垂(がんけんかすい)」だった(@@)?!⇒ほんと自力で治せて良かった・・・|視力回復コア・ポータルより。

 

眼球運動の分類(6種)

眼球運動障害 ? Wikipedia より抜粋。

1903年にDodgeは眼球運動を5つに分類した。

(・・・が、誰か(本人?)が1つ加えて現在6つ

  • 衝動性眼球運動(saccadic eye movement、SEM、サッケード(サッカード))
  • 追従眼球運動(Pursuit eye movement、PEM、パスート)
  • 前庭動眼反射(Vestibulo-ocular reflex、VOR)
  • 視運動性眼振(Optokinetic nystagmus、OKN)
  • バージェンス(Verfence、または輻湊、開散)
  • 固視(Fixation) (追加)

 

・・・と、これだけ見ると、

100年以上も前に、綺麗に分類されてるっぽいね、簡単?!

ともとれるんですが、それを司る制御機構は、

随意的な眼球運動に関与する大脳の領域は、

前頭葉の前頭眼野、補足眼野、頭頂葉の頭頂眼野などである。

中枢からの刺激が様々な経路脳幹網様体の眼球運動発生器に達する

そして小脳や前庭からの調節が加わる

 

となっていて、一気にややこしい感じに(^^;)

そんな簡単なワケないじゃない??

 

人間の眼機能の眼球運動を司るメカニズムは、

入力(求心)、出力(遠心)も複雑に絡み合っていますし、

反射、反応の挙動も大脳、中脳、小脳の機能が関わって複雑です。

こういう時は発想を変えましょう(^^;)

 

眼球運動障害の機序から見てみる

 

眼のメカニズム~新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム~ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ~

 

続きが気になる方はどうぞ⇒

【外眼筋ストレッチ&外眼筋トレーニング&眼球体操】あなたの目的は?疲れ目/眼精疲労解消?それとも視力回復?近視改善?乱視改善?誰も教えてくれない独自知識~大人から子供まで

"【近視の新常識】外眼筋ストレッチ&外眼筋トレーニング&眼球体操"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: