眼球運動を手で触って確かめる?!~視力回復ストレッチ&トレーニング実践の効果確認

近視が進行するメカニズムと眼のメカニズム~新理論の提唱|眼のピント調節メカニズムと近視進行の原因と理由、そして視力回復理論と回復メカニズム~ヘルムホルツ理論とベイツ理論のその先へ~(Ver.19)

からのピックアップ。

 

【子供厳禁】眼球運動を手で触って確かめる~視力回復ストレッチ&トレーニング実践の効果確認~やり方と挙動の結果/体感が正しいかを確かめる1つの方法~

真・視力回復法(やすみん式視力回復法/やすみん流視力回復法)を実践し、

超・短期間での効果を求める場合には、

自身の体感と見え方をフィードバックしてやり方を細かく調整することになります。

(検索載らない対策で別名つけてみました(^^;))

 

基本的なフロー/やり方に従う限りは、

トレーニング/ストレッチの使用法通り、正しくトレーニングがやれているのか?

・・・という不安を抱くことは少ないと考えています。

 

一応どれも、

迷いが少ない体操/ストレッチ/トレーニングに昇華しているつもりですし、

どのステージでも、本当の初期段階を除けば、

極端に分かり易い結果が付いてくるので、判断を迷うケースは少ないと思います。

 

・・・が、確かに、

やり方の選択や個々人の状態によって、

幾つかの必要な停滞期⇒ブレークとなるポイントがあることが想定されます。

 

その場合、

  • 足りないものを足すのに時間が必要なだけな状態なのか?
  • 別の手法に切り替えないといけない、頭打ちの状態になっているのか?

・・・という選択の悩みにぶつかるかも知れません。

 

色んなパターンを想定する限りは、

このような悩みにぶつかる頃には、

幾つか示している反応と対処例に従って、手法やウエイトをつまみ食いすれば、

自分にはこれが今だと合ってそう、

・・・と、

何となく感覚的に正しいルートが分かるようになってる方が多いんではないか?

・・・とは考えています。

 

まぁ、それでも、

  • 理論/理屈と感覚/体感を一致させるための客観的な確認

・・・を行うのも、自信と安心の一助になります。

 

 

子供でも簡単に・・・というところまでも目指して、

視力回復のために知りたい眼のメカニズム|独自まとめその26|3D仮想眼球と仮想眼筋という考え方の導入で、誰でも簡単に短期間で視力アップ出来る理由とは?|真・視力回復法~視力回復コア・ポータル

仮想眼球と仮想眼筋群という変わった概念(^^;)で

ワンクションさせてますが、

  • 素の眼の構造と動きを理解して、体感と一致させるのが一番良いのは確か

・・・でしょうからね。

 

ところで、

視力回復トレーニングのセルフチェックには、

 

 

続きが気になる方どうぞ⇒

【子供厳禁】眼球運動を手で触って確かめる~視力回復ストレッチ&トレーニング実践の効果確認~やり方と挙動の結果/体感が正しいかを確かめる1つの方法~

"眼球運動を手で触って確かめる?!~視力回復ストレッチ&トレーニング実践の効果確認"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント: